日経 xTECH有料会員または、日経Automotive購読者限定 現在はどなたでも閲覧可能です

[画像のクリックで拡大表示]

2018年10月1~3日開催の電動車両関連の国際シンポジウム・展示会「The 31st International Electric Vehicle Symposium and Exhibition」(EVS 31)。その最大の目玉が、SUBARU(スバル)が初めて開発したプラグインハイブリッド車(PHEV)のプロトタイプだ。同社が2018年内に投入を計画しているPHEVのプロトタイプとするもので、排気量2.0Lの水平対向4気筒直噴ガソリンエンジンにプラグイン・ハイブリッド・システムを組み合わせた。

 スバル初のPHEVは、トヨタ自動車の「THSII」をベースに開発したプラグイン・ハイブリッド・システムを搭載する(上の写真)。THSIIは、シリーズ・パラレル方式のプラグイン・ハイブリット・システム。(1)エンジン走行、(2)モーター走行〔電気自動車(EV)走行〕、(3)エンジンとモーターによるハイブリッド走行─といった3種類の駆動方式を動力分割機構によって切り替える点を特徴とする。スバルは、こうしたTHSIIのコンセプトを受け継ぐとともに、主要部品の一部にTHSII用もしくはほぼ同等品の供給を受け、かつソフトウエアの開発でもトヨタと協業することで同システムを実現した。