前回まで述べた、市場・ユーザー需要側からの電気自動車(EV)へのニーズの高まりを踏まえて、今回は自動車メーカーなど供給側がどのような対応を想定しているのかまとめる。各メーカーは、世界の環境規制強化と向き合っており、早期にEVを投入しないと、逆に巨額な罰金を支払うことになる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら