スウェーデン・ボルボ(Volvo)は2019年4月、中型ステーションワゴン「V60」の派生車「V60クロスカントリー(V60 Cross Country:V60 CC)」を日本で発売した(図1)。車内空間の広さというステーションワゴンの使い勝手の良さに、悪路での走りやすさという多目的スポーツ車(SUV)の特徴を組み合わせた。

図1 中型ステーションワゴン「V60」の派生車
車内空間の広さといったステーションワゴンの使い勝手の良さに、悪路での走りやすさというSUVの特長を組み合わせた。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の派生車はベース車両のV60と同様に、Volvoの中大型車向けプラットフォーム「SPA(Scalable Product Architecture)」を適用した車両である。悪路で走行しやすくするために4WD(4輪駆動)車とした上で、最低地上高をV60より65mm高い210mmとした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら