米テスラ(Tesla)の日本法人は2018年11月、小型セダンの電気自動車(EV)「モデル3」を日本で初公開した(図1)。モデル3は2016年3月に米国で受注を開始し、2017年7月から米国で納車が始まっていた。これまで日本で実車を展示・公開したことはなかったという。日本での納車は、2019年後半以降を予定する。

図1 「モデル3」の米国仕様車
日本で初公開した。車両はすでに販売を終了したモデルで、米国仕様車「ロングレンジ」の後輪駆動車である。(出所:Tesla)
[画像のクリックで拡大表示]

 Teslaが世界で納車したEVの累計台数は、35万台以上に達した。「2018年7~9月だけで8万台以上を納車した。同年10~12月にはそれを上回るペースになる」(日本法人のテスラ・モータース・ジャパンでカントリーセールスダイレクターを務める吉田篤司氏)という。Teslaは2018年に世界で50万台のEVを生産する目標を掲げている。

 テスラのEVは、あらかじめ高性能なセンサーや車載コンピューターを搭載しておき、OTA(Over The Air)でソフトウエアを随時更新して機能を高める点が特徴である(図2)。ソフトウエアの「バージョン8.0」ではレベル2の自動運転機能「オートパイロット」を改善し、自動車線変更や車線逸脱警報、自動駐車に対応した。日本でも最近提供を始めた最新版「バージョン9.0」では、ドライブレコーダー機能を追加した。カメラで捉えた映像をメモリーカードに記録する。

図2 OTAで機能を拡張
(a)15インチの横型タッチスクリーンを備えた車載情報システムでソフトウエアを更新する。(b)最新のソフトウエア「バージョン9.0」ではドライブレコーダーの機能を追加した。(出所:Tesla)
[画像のクリックで拡大表示]

 オートパイロットには、フロントウインドー上部の3眼カメラ(関連記事)と車両前部のミリ波レーダー、車両後部のリアビューカメラ、超音波センサーを使う。将来のソフトウエア更新に備え、車両側面に2台ずつ計4台のカメラを搭載するが、現時点では使っていないという。新たなソフトウエアが完成し、法整備が整えば、「将来的には完全自動運転にも対応できる」(同氏)とする。

 車載情報システムには、15インチの横型タッチスクリーンディスプレーを使う。同社の「モデルS」では、車載情報システムに17インチの縦型ディスプレー、メーターパネルに12.3インチの横型ディスプレーを使う2画面構成だったが、モデル3では1画面にまとめた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら