国内自動車市場の屋台骨と言える軽自動車。そのエンジン技術が面白い。中でも筆者が注目しているのが、24カ月連続首位のホンダ「N-BOX」と同車の牙城に挑むダイハツ工業の新型「タント」である。

 軽自動車なのでともに排気量0.66Lの吸気ポート噴射直列3気筒。コストはそれほどかけられないはずだが、N-BOXの「S07B」型とタントの「KF-VET2」型には気合いの入った技術がつぎ込んである。過給エンジン仕様の技術を比べてみたい(図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1 左がタント、右がN-BOXのエンジン
(撮影:日経 xTECH)

 違いを端的に表すと、「大量排ガス再循環(EGR)&ロングストローク」のダイハツと、「超ロングストローク&可変バルブタイミング・リフト機構(VTEC)」のホンダである。共に新しい無段変速機(CVT)と組み合わせている。

 2機種は甲乙つけがたいが、玄人好みの観点で、タントに軍配を上げたい。軽自動車にVTECを採用したホンダに敬意を表するが、ダイハツの安定燃焼へのこだわりに感心するからだ。加えて「D(デュアルモード)-CVT」も凝った技術で、よく軽自動車に採用したものである。2機種を詳しく見ていこう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら