マツダは小型クロスオーバーSUV(多目的スポーツ車)の新型「CX-30」を、2019年10月下旬以降に日本で順次発売する注1)。小型車向け新プラットフォーム(PF)「スモール」を適用して、現行の小型SUV「CX-3」より車内空間を広くした(図1)。また、運転者の状態監視システムなどの3機能を新たに搭載し、予防安全性能を強化した。

注1)発売時期は、排気量2.0Lのガソリンエンジン「SKYACTIV-G」搭載車と同1.8Lのディーゼルエンジン「同-D」搭載車が2019年10月24日。同2.0Lの新世代ガソリンエンジン「同-X」搭載車の発売は、2020年1月下旬以降になる。
図1 新型クロスオーバーSUV「CX-30」
マツダ3に続き、新PF「スモール」を適用。クルマとしての基本性能を高めた。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車の車両寸法は全長4395×全幅1795×全高1540mmで、ホイールベースは2655
mm。CX-3より全長は120mm長く、全幅は30mm広く、全高は10mm低い。ホイールベースも85mm伸ばした。その結果、新型車の車内寸法は長さ1830×幅1490×高さ1210mmとなり、CX-3に比べて長さは120mm長く、幅は55mm広がった(高さは同じ)。荷室容量は430Lを確保し、CX-3より80L大きい(図2)。

図2 CX-30の車両寸法
新PFの適用によって、現行の小型SUV「CX-3」より車内空間を広くした。( )内はCX-3との比較。マツダの資料を基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 スモールPFを適用したことで新型車は、「車両寸法に制約がある小型SUVでありながら、4人の大人がゆったりと乗れる車内空間や、実用的な荷室容量を実現できた」と、新型車の開発責任者でマツダ商品本部主査の佐賀尚人氏は話す。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら