ヤマハ発動機は2019年8月、同社初となる電池交換式の電気自動車(EV)スクーターを台湾で発売した(図1)。名称は「EC-05」。電池交換式EVスクーターで先行する台湾ベンチャーのゴゴロ(Gogoro)と組み、Gogoroの二輪車をベースに、ヤマハ発が外装デザインを変えた。

図1 ヤマハ発動機は電池交換式EVスクーターに参入する
(a)名称は「EC-05」。2019年8月に台湾で発売した。座席下に電池パックを2個搭載し、航続距離は100~150kmを想定する。(b)台湾ベンチャーのGogoroが手掛ける「S2」シリーズをベースとしたOEM供給となる。ヤマハ発が外装の車両デザインを担当した。(a)の出所はヤマハ発動機、(b)の撮影は日経 xTECH。
[画像のクリックで拡大表示]

 Gogoroからヤマハ発にOEM(相手先ブランドによる生産)供給する形となり、今回は台湾市場に限定しての車両投入とする。

 EVへの補助金を考慮しない車両価格は9万9800台湾ドル(1ドル=3.5円換算で約35万円)に設定し、年間2万台という販売目標を掲げる。

 ベースとしたのは、Gogoroが手掛ける排気量125ccクラスのEVスクーター「S2」シリーズだ。同じ車両を使ってのOEM供給のため、ヤマハ発のEC-05とGogoroのS2の性能はほぼ同じ注)

注)EC-05の最高出力は約7.5kWで、最大トルクは約26N・m。最高速度は90km/hである。加速性能を強みとしており、停止状態から50km/hまでの加速時間は3.9秒と、一般的な同クラスのガソリンスクーターに比べて0.8秒速いという。車両質量は電池パックを含んで約126kgだ。車両寸法は全長1880×全幅670×全高1180mmで、ホイールベースは1300mmである。乗車定員は2人としている。ヤマハ発が手掛けるEVスクーターとしては5車種目となる。

 価格競争力では供給元であるGogoroのS2に軍配が上がり、ヤマハ発のEC-05に比べて1割以上安く販売しているようだ。そのため、台湾という限定的な市場でヤマハ発がGogoroに打ち勝つことは難しい。

 ヤマハ発が不利な立場でも電池交換式EVスクーターを手掛けたかったのは、利用者にとって大きく3つの利点が存在するからだ。(1)車両の非稼働時間を短縮して連続で使いやすいこと、(2)技術の進歩に合わせて電池を改良して載せ替えやすいこと、(3)1個の電池を多用途に使い回せるため、車両の価格を下げやすいこと─である。

 EVスクーターの利便性を向上できる電池交換式の仕組みに目を付け、ヤマハ発は2018年9月にGogoroと「台湾市場におけるEVビジネスの協業に向けた検討」を開始。OEM供給という形ではあるが、電池交換式EVスクーターを手掛けるに至った。

 ヤマハ発はEC-05を「今後継続的に市場投入していく電動製品戦略に沿った最初の製品」と位置付けており、車両データや交換ステーションの利用データを収集する試作モデルとしての意味合いが強い。

 Gogoroが台湾で展開する電池交換式の仕組みは、着脱式の電池パックを交換ステーションに挿入して充電し、複数の電池パックを多数の利用者で使い回すというもの(図2)。

図2 台湾に約1300カ所あるGogoroの交換ステーションを使う
電池パックは6秒以内で交換可能とし、利便性の高さを訴求する。パナソニック製の円筒型リチウムイオン電池セルで構成。パックの質量は約9kgだ。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は交換ステーションを2019年7月時点で、ガソリンスタンドやコンビニエンスストアの敷地内など、台湾全土の約1300カ所に整備している。利用時の料金体系は月額定額制が基本だ。

 Gogoroは2017年ごろから、日本の沖縄県石垣市(石垣島)や、フランス・パリ、ドイツ・ベルリンといった地域でも実証実験を進め、台湾以外の地域での本格的な展開が現実味を帯び始めている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら