「このハードウエアを搭載したテスラ車はすべて、ソフトウエアのアップデートで完全自動運転になる」─。米Tesla(テスラ) CEO(最高経営責任者)のイーロン・マスク氏は2019年4月22日(現地時間)、同社がアナリスト向けに開催した自動運転機能などに関する発表会で、こうぶち上げた(図1)。同氏が言及したハードウエアとは、車載コンピューター「FSD」である(図2)。発表会ではFSDの性能や、FSDに搭載した新しいSoCをアピール。さらに、完全自動運転を生かしたロボットタクシー事業やカーシェアサービスなども紹介した。

図1 自動運転機能に関する発表会に登壇したテスラ CEOのイーロン・マスク氏
(画像:テスラの公式サイトの動画をキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 車載コンピューター「FSD」
(画像:テスラの公式サイトの動画をキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]

 テスラは新しい車載コンピューターを、2019年3月から量産している「Model S」と「Model X」、同年4月から量産の「Model 3」のすべてに搭載し始めたという。その前から、オプションとしてFSDを搭載できたもよう。実際、コミュニティーWebサイト「Tesla Motors Club」内の投稿を見ると、2018年10月段階で、Model 3注文時のオプションとして表示されるFSDに関する質問が出ていた。

 2019年内には、Model S/3/Xを合わせて週1万台体制で量産可能にする(図3)。2020年には、小型SUV(多目的スポーツ車)の電気自動車(EV)「Model Y」やEVトラック「Model Semi」にも搭載する予定とした(図4)。その結果、2020年中ごろには、FSD搭載のテスラ車は100万台以上に達するとみる。法律などの各種規制がクリアされれば、2020年にもロボットタクシーを始められるとした。

図3 テスラの量産EV「Model 3」
(出所:Tesla)
[画像のクリックで拡大表示]
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 テスラの次世代EV
(a)小型SUVの「Model Y」、(b)トラック「Model Semi」。(出所:Tesla)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら