ソニーは、800万画素クラスの車載用CMOSイメージセンサーの量産を2020年に開始する。前方監視向けのカメラに搭載し、自動ブレーキや自動運転などを実現する用途で使う。他社を含めた現行品は200万画素クラスで、多画素化によって物体認識の精度や範囲を拡大する。

 17年にサンプル出荷を開始しており、当初の計画では18年6月に量産を始める予定だった。仕様の変更・追加などで遅れていたが、ようやく量産時期が固まった(図1)。800万画素クラスの車載用CMOSイメージセンサーを巡っては、ソニーだけでなく米オン・セミコンダクター(ON Semiconductor)も20年代前半に量産を計画する。

図1 2020年に量産する約800万画素のCMOSイメージセンサー
サイズは1/1.7型で、画素数は約742万画素(水平3849×垂直1929画素)。同画素で撮影できるフレーム速度は最大40フレーム/秒。ダイナミックレンジは120dBである。(出所:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]

500m先の車両や白線を認識可能

 多画素化の目的は大きく2つ。1つは、より遠方にある物体を認識しやすくすることである。800万画素あれば、FOV(Field Of View、視野角)が30度のレンズと組み合わせた場合、「500m先にある車両の種類や白線の状況を検知できる」(ソニーの担当者)という(図2)。道路標識の認識では、約160m先にあるものを鮮明に撮れる水準である。200万画素クラスの現行品では、100m以上先にある制限速度の標識の数字を判別できない。

図2 500m先の車両や白線を認識できる
800万画素のCMOSイメージセンサーを前方監視用カメラに適用する場合の性能例。交差点での巻き込み事故を防ぐ用途では、広角レンズと組み合わせて使う。ソニーの資料を基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つの目的は、より広範(広角)な画像を撮ることである。自動車メーカーが対策を急いでいるのが、市街地の交差点での巻き込み事故だ。歩行者や自転車が車両の死角から侵入してくる危険に備える。

 特に、自転車は速いスピードで自動車の前を横切るので、より広い角度での撮影が求められる。画素数が不十分だと、広角にするほど1度当たりの画素数が減り、撮影画像がぼやける。開発品を使えば、FOVが120度のレンズとの組み合わせで137m先の車両や白線を検知できる。歩行者であれば、55m離れていても認識可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら