電気自動車(EV)開発の中国・比亜迪(BYD)の日本法人であるビーワイディージャパンは2019年3月末、小型の電気バス(EVバス)を日本で発売すると発表した()。1950万円(税抜き)と比較的安くして、日本で存在感の大きい日野自動車の小型バス「ポンチョ」の牙城を崩す。2020年春から納車する。

(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図 BYDが発売する小型EVバス
(a)車両と(b)室内空間のイメージ。(出所:ビーワイディージャパン)

 新型EVバス「J6」の電池容量は105kWhで、航続距離は200km超に達するという。ディーゼルエンジンを搭載するポンチョの希望小売価格が1600万円強で、BYDは2割程度高いのに抑えた。補助金を考慮するとJ6の実質価格は「1200万~1300万円」(ビーワイディージャパン副社長の花田晋作氏)に下がる見込み。EVバスの利用には充電器の設置が必要になるため、初期価格はエンジン車とほぼ同等になるとみられる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら