ライドシェア(相乗り)サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)は2019年2月に、仙台のタクシー会社である仙台中央タクシーと提携し、Uberのアプリを通じたタクシーの配車サービスを仙台市内で開始した。仙台中央タクシーが保有する102台の車両を対象に、仙台市内全域で配車サービスを提供する。

 Uberは既に名古屋市周辺と大阪市周辺で、今回と同じタクシーの配車サービスを提供している。仙台市のサービスは日本で3例目だが、東北地方では初めてとなる(図1)。

図1 仙台中央タクシーの車両
保有する102台の車両をUberの配車サービスに対応させた。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本政府観光局 (JNTO)の調査によると、2018年の訪日外国人(インバウンド)数は前年に比べて8.7%増加の3120万人となったが、東北地方の比率は全体の1%程度にとどまる。また、2次交通(拠点となる空港や鉄道の駅などから観光地までの交通手段)の便の悪さが課題になっている。仙台中央タクシー取締役の清川晋氏は、「Uberのサービスを通じて配車の利便性を高め、インバウンドなどの利用を増やしたい」と述べる(図2)。

図2 仙台中央タクシー取締役の清川晋氏
「Uberのサービスを通じて配車の利便性を高め、インバウンドの利用を増やしたい」という。(撮影:日経Automotive)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら