「SUV(多目的スポーツ車)の良さを殺さないSUBARU(スバル)らしいプラグインハイブリッド車(PHEV)にしたかった」。同社商品企画本部主査の金田幸二氏は、「ロサンゼルスモーターショー2018(2018 Los Angeles Auto Show)」(2018年11月30日~12月9日)で初公開した同社初のPHEV「Crosstrek Hybrid」の開発を振り返り、こう語った(図1)。

図1 スバル初のPHEV「Crosstrek Hybrid」
ZEV規制を念頭に2018年末に米国で発売した。日本、欧州、中国など他市場への展開は検討中。
[画像のクリックで拡大表示]

 Crosstrek Hybridは、同社のSUV「Crosstrek」(日本名「XV」)をベースとするSUVタイプのPHEV。8.8kWhのリチウムイオン電池を搭載し、満充電1回当たりのモーターによる航続距離(EV走行距離)で27.2kmを実現した。2列シートで5人乗りの車両で、外形寸法は全長4465×全幅1803(ミラー含まず、ミラー含めると2022)×全高1595(ルーフレール含む)mm、ホイールベースは2664mm、車両質量は1690kgという。

 エンジンには圧縮比13.5の2.0L直噴水平対向ガソリンエンジン「BOXER」を搭載する。プラグイン・ハイブリッド・システムは、スターター兼オルタネーターのMG1と走行・回生用のMG2と呼ぶ2つのモータージェネレーター(MG)を使うMG内蔵トランスミッション(図2注1)。エンジンの最高出力は102kW、最大トルクは182N・m。MG2の最高出力は88kW、最大トルクは202N・m。システム全体の最高出力は、110kWとしている注2)

図2 Crosstrek Hybridのパワートレーン
水平対向エンジン、MG内蔵トランスミッション、パワー・コントロール・ユニット(PCU)、電池パック、車載充電器などから成る。(画像の出所:スバル)
[画像のクリックで拡大表示]

注1)トヨタ自動車のシリーズ・パラレル方式の「THSII」をベースにトヨタと協業で開発した。THSIIのトランスアクスルと大きく違っているのは、縦置きエンジンと四輪駆動(4WD)化を前提に設計している点と、歯車機構をスバル独自で設計した点だ。

注2)EV走行時の最高速度は105km/h。米環境保護庁(EPA)の燃費は、コンバインドで14.9km/L(ベースのガソリン車モデルは12.3km/L)、同ガソリン等価換算燃費で38.2km/L。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら