日本自動車研究所(JARI)は2018年11月、自動バレー駐車のシステムを東京・台場の商業施設で公開した。自動車メーカーなどと共同開発したもので、システムの公開に合わせて、実験車両を使ったデモを見せた(図1)。JARIが公開したシステムは、SAE(米自動車技術会)などが定める「レベル4」の自動運転に対応しており、価格が200万~300万円の量産車への適用を想定する。

図1 デモで使用した3台の実験車両
三菱自動車の「アウトランダーPHEV」(右)、トヨタのPHEV「プリウスPHV」(中)、トヨタのHEV「プリウス」(左)をベースに開発した。(出所:JARI)
[画像のクリックで拡大表示]

 量産車で自動バレー駐車注1)を実用化するには、システムのコストをできるだけ抑える必要がある。そこでJARIが公開したシステムは、車両の周囲を監視するセンサーとして、既に量産されている低コストの製品を使った。さらに、実験車両と管制センターのシステムを連携させて、自動運転時の安全性を高めた。専用駐車場などの限られた場所において、2021年度以降の実用化をめざす(図2)。

注1)運転者がクルマの鍵を係員に預けると、自分の代わりに係員がクルマの入出庫を代行してくれるサービスをバレー駐車という。高級ホテルなどで実用化されている。自動バレー駐車は、このサービスを自動化したもの。

図2 自動バレー駐車の仕組み
車両と管制センターのシステムを連携させて自動運転時の安全性を高めた。JARIの資料を基に編集部が作成。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら