ヤマハ発動機が4輪車開発を断念した。2013年に4輪車事業への参入を表明して研究を進めてきたが、新構造の車体の量産化や採算性の課題を解決できなかった(図1)。2018年12月に開いた新中期経営計画の発表会で、同社社長の日髙祥博氏が明かした。

図1 4輪車事業への参入表明から約5年で「凍結」を決断
2013年以降、3度の「東京モーターショー」でコンセプト車を披露してきた。当初は2020年までに量産する計画だったが、2017年12月に当時社長だった柳弘之氏が計画を見直した。
[画像のクリックで拡大表示]

 「正直ホッとした。強豪ひしめく4輪車市場で戦うのは相当厳しいと思っていた」。4輪断念の一報を聞いたヤマハ発動機の社員はこう漏らす。参入表明から5年をかけても量産のメドが立たず、主力の2輪車事業でもやるべきことは多い。ロボティクスや農業、医療など新たな成長の芽も育ち始めていた注1)

注1)ヤマハ発動機は2021年3月までの新中期経営計画を策定した。2輪車以外のロボティクスや農業、医療などの成長を見通し、売上高は2018年度(2018年4月~2019年3月)比で約2割増の2兆円を目指す。連結営業利益は同約2.5割増の1800億円を狙う。売上高営業利益率は同0.3ポイント伸ばして9.0%とする目標を掲げる。

 悲願だった4輪参入─。日髙氏は2018年1月に社長に就任し、「普通乗用車の領域に事業として進んでいくのは、いったんフリーズ(凍結)する」決断を下した(図2)。堅実路線を選んだ。既に開発チームは解散。英国拠点で研究してきたメンバーは帰国している。

図2 ヤマハ発動機社長の日髙祥博氏
2018年12月11日に同社が開いた新中期経営計画の発表会で説明した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら