アイシン・エィ・ダブリュ(AW)が開発を進めてきた前部エンジン・前輪駆動(FF)車向け1モーター式ハイブリッド車(HEV)部品。納入第1号はトヨタ自動車ではなかった。最初に採用を決めたのはフランス・グループPSA(Group PSA)であることが分かった。電動化に本腰を入れたGroup PSAと、“脱トヨタ依存”を目指すアイシンAWの思惑が一致した。

 2019年から新型車のすべてにプラグインハイブリッド車(PHEV)または電気自動車(EV)を用意する――。電動化を推進するGroup PSAは、PHEVのパワートレーン部品をアイシンAWから調達することを決めた。

 アイシンAWが供給するのは、FF車向け1モーター式PHEV部品である(図1)。既存の8速自動変速機(AT)からトルクコンバーターをなくし、モーターとクラッチに置き換えたものだ。アイシンAWは2018年度内に量産を始め、Group PSAは同部品を搭載した車両を2019年から4車種以上投入する。

図1 アイシンAWが開発したFF車向け1モーター式PHEV部品
既存の8速ATからトルクコンバーターをなくし、モーターとクラッチに置き換えたもの。モーターの出力は80kWである。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら