英調査会社IHS Markitは2018年10月、都内で米トランプ政権が進める燃費規制緩和策について解説した。今後、規制緩和が正式に決まれば2020~26年まで規制は据え置きとなる可能性がある。大手自動車メーカーはこの間、電気自動車(EV)を投入する必要がなくなり、電動化の進展にブレーキがかかることになる。

 同社の日本パワートレイン&コンプライアンスフォーキャストプリンシパル・リサーチアナリストの波多野通氏が展望した。これまでの経緯は、次の通りだ。トランプ氏は2017年に大統領に就任してすぐに、GHG(温暖化ガス)/CAFE(企業平均燃費)規制の見直しを表明した(図1)。その流れを受けて同年、NHTSA(運輸省道路交通安全局)が2021年目標の見直しの可能性を示した他、EPA(環境保護庁)長官がオバマ前政権時に決めた現在の基準が妥当はでないと発表した。オバマ前政権による燃費規制強化と逆行する動きが出ていた。

図1 トランプ政権になり米国では環境規制が緩和される方向にある
出所はIHS Markit
[画像のクリックで拡大表示]

 衝撃が走ったのが2018年8月。NHTSAとEPAが共同で規制緩和に向けた具体的な新提案「The Safer Affordable Fuel Efficient(SAFE) Vehicles Proposed Rule for Model Years 2021-26」を発表したのだ。

 新提案の目玉となったのがGHG/CAFE対策となる「Preferred Alternative(望ましい代替案)」である。GHG/CAFEともに、2021~2026年の車両の規制値を、2020年の規制値で据え置く。実質的には、2020~2026年の規制値を緩和したのに等しい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら