2039年に全車カーボンニュートラル

Daimler CEOのOla Kallenius氏
(写真:Daimler)
[画像のクリックで拡大表示]

 「わが社の創業者が馬なしでモビリティーを造り出したように、我々は排出ガスなしでモビリティーを造り出すことが課題だ」。長年ドイツ・ダイムラー(Daimler)の社長を務めたディーター・ツェッチェ氏に代わり、2019年5月に新社長に就任したオラ・ケレニウス(Ola Kallenius)氏は、2019年9月のフランクフルトモーターショーで、電動化への意思を改めて示した。

 ダイムラーは2020年末までに20車種以上のプラグインハイブリッド車(PHEV)または電気自動車(EV)を市場投入する計画だ。2030年までに販売する新車の半分を電動車にするとした。また、欧州では2022年までにカーボンニュートラルな新車生産を実現し、2039年には全ての新車でカーボンニュートラルを達成する目標を掲げている。

 フランクフルトショーでは、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)のEVブランド「EQ」シリーズ第3弾となるコンセプトカー「ビジョンEQS(Vision EQS)」を公開。同車はEQシリーズで初の大型セダンに当たる。オラ・ケレニウス氏は「ビジョンEQSは高級セダンのこれからの形を示すものだ」と述べた。他に、量産型となるミニバンの新型EV「EQV」を発表。また、AクラスとBクラスではPHEVも公開した。

長距離の本命はEVよりFCV

BMW会長のOliver Zipse氏
(写真:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]

 「我々は電動化の最前線にいる。BMWグループがノルウェーで販売した車両は4台中3台が電動化車両だ」。ドイツBMW会長のオリバー・ツィプセ(Oliver Zipse)氏は、2019年9月のフランクフルトショーで、BMWグループの電動化戦略の成果を語った。

 同グループでは、PHEVなどの電動化車両を2023年までに25車種導入する計画を掲げている。うち、半数以上をEVとする方針だ。ただ、航続距離を考慮すると、水素燃料電池の技術が鍵を握るとBMWは見込む。2022年には燃料電池車(FCV)の試験車両を導入する予定とし、FCVのコンセプトカー「i Hydrogen NEXT」を初公開した。

AIは生産ラインで欠かせない存在

日産自動車副社長の坂本秀行氏
(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 「人工知能(AI)の生産ラインへの活用が次世代勝者の条件になる」─。生産現場でのAIの活用について、日産自動車副社長で生産担当の坂本秀行氏は2019年9月、都内でこのように述べた。

 日産の生産現場では、(1)製品の検査、(2)ロボットの故障予測、(3)顧客の需要変動への対応、(4)部品メーカーが被災したときの効率的な生産─の4項目でAIを活用している。

 坂本氏は、作業員が苦手な作業を担ったり、時間にとらわれない働きやすい環境を実現したりするのがAIやロボットであり、人間との補完関係になっていくと予測する。AI活用は、今後欠かせないものになっていく、とした。

出典:日経Automotive、2019年11月号 p.7
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら