CR-V復活は「ヴェゼルでは物足りない」から

ホンダ執行役員の寺谷公良氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「ヴェゼルよりも上級車を求めるユーザーに向けて、CR-Vの販売を日本で再開する」。ホンダ執行役員で日本本部長の寺谷公良氏は、中型SUV(多目的スポーツ車)「CR-V」を2年ぶりに日本で復活させた理由を明かす。

 ホンダは初代CR-Vを1995年に発売。当時は三菱自動車の「パジェロ」など、トラックベースのSUVが主流だった。これに対してホンダは、乗用車「シビック」ベースのCR-Vを投入し、新たなユーザーの開拓を狙った。

 CR-Vは同社の代表的なグローバル車に育ち、2017年の世界販売台数は約76万台に上る。ただ、日本では全面改良を重ねるごとに販売台数を減らした。そこで日本ではヴェゼルの販売に集中し、CR-Vの販売は2016年8月に終了していた。

 2013年に日本で発売した小型SUV「ヴェゼル」は、一定の成功を収めたといえる。発売から3年続けて、SUV部門の販売台数ランキングで首位を獲得した。ところが、ヴェゼルの発売後に今度はユーザーから、「ヴェゼルよりサイズが大きくて上級のSUVがほしいという声が出てきた」と寺谷氏は明かす。ヴェゼルでは物足りないこうしたユーザーに向けて、CR-Vを日本で復活させたのだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら