建設技能者の就業履歴や保有資格、社会保険加入状況などの情報を蓄積するデータベース。技能者の適正な評価や処遇の改善を図る。建設業振興基金が2019年4月から本格運用を開始した。5年後までに全ての技能者の登録を目指す。

 建設技能者は様々な現場を渡り歩くことが多い。その経験や能力を、業界統一のルールに基づいて継続的に把握する仕組みだ。高い技能や豊富な経験を持つ技能者ほど良い処遇が受けられるようにして、担い手の確保と育成につなげる。

建設キャリアアップシステムの概要
建設業振興基金の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 登録する各技能者には、ICカードを個別に発行する。元請け会社が現場に設置するカードリーダーでICカードを読み取り、技能者の入退場記録などを蓄積する。事業者にとっては、現場の技能者の就業状況を把握して管理しやすくなる利点がある。

元請けが現場に置くカードリーダーに、技能者が自分のICカードをかざしてデータベースに入場や退場の履歴を蓄積する(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 ICカードは、保有者の技能レベルに応じて金、銀、青、白の4色に分ける。レベル分けの基準は、国土交通省が示したルールに沿って専門工事業団体などが工種ごとに設定する。技能者の「就業日数」と「保有資格」、「職長または班長の経験」の3項目を軸として、登録基幹技能者の資格を所有して高いマネジメント能力を持つレベル4、職長などの役割を果たせるレベル3、一人前と見なせるレベル2、見習いのレベル1を判定する。

技能者のレベル分けの基準
国土交通省がガイドラインで明示する基準。これを基に専門工事業団体が各工種の基準を設定する(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら