自動車のミラーが変貌を遂げようとしている。カメラとディスプレーを用いて周囲の状況を確認する「電子ミラー」がついに実用化したためだ。従来の光学ミラー(後写鏡)に比べて死角が減り、夜間などの視認性の向上が期待できる。将来的には、自動運転車のセンサーの役割も担いそうだ。

 実用化で先陣を切ったのがトヨタ自動車である。2018年10月に発売した「レクサスES」に、世界で初めて量産車に電子ミラーを採用した(図1)。欧州勢も続く。ドイツ・アウディ(Audi)は電気自動車(EV)「e-tron」に、同ダイムラー(Daimler)は大型トラック「Actros」にそれぞれ電子ミラーを搭載することを決めた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1 電子ミラーを量産車で初めて搭載したトヨタの「レクサスES」(左)。同車両のカメラ部(右)。(出所:トヨタ)

日欧で解禁、米中も議論が活発化

 量産が一気に始まったきっかけは、2016年にあった規則改定だ。国際連合欧州経済委員会(UN/ECE)が定める、後写鏡に関する規則「Regulation No.46」(以下、R46)の改訂作業が同年6月に完了。UN/ECEと歩調を合わせる日本も、直後に道路運送車両の保安基準を改正した。

 今のところ電子ミラーを搭載した車両を公道で走らせていいのは日本と欧州だけだが、米国や中国でも規則改定に向けた議論が活発化し始めた。米中で解禁となれば、いよいよ電子ミラーが世界市場に浸透する土台が整う。

図2 電子ミラーと光学ミラーの視野範囲の比較。図はトヨタの資料を基に編集部が作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 電子ミラーは、ルームミラーとドアミラーに分けられる。R46では、乗用車を対象に、それぞれ「Class I」「Class III」と呼ぶ。レクサスESが先陣を切ったのが、ドアミラー(Class III)の電子化である。

 電子ミラーは一般に、(1)死角の低減、(2)夜間や雨天時などの視認性向上、(3)空気抵抗の低減、(4)車両デザインの自由度向上といった利点が挙げられる(図2)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら