閉じる

3分でわかる必修ワード IT

日経 xTECH

目次

  • 3分でわかる 給与デジタル払い

     給与デジタル払いは銀行口座の代わりに資金移動業者のアカウントに対して、給与をデジタルマネーとして振り込むことを指す。ペイロール(資金移動業者のアカウントに対する給与支払い)とも呼ばれる。

  • 3分でわかる ブルーグリーンデプロイメント

     ブルーグリーンデプロイメントとは現状の本番環境(ブルー)とは別に新しい本番環境(グリーン)を構築した上で、ロードバランサーの接続先を切り換えるなどして新しい本番環境をリリースする運用方法のこと。

  • 3分でわかる SPA

     SPAは、Webアプリの表現力や操作性などを向上させる技術の1つ。Webページを遷移せずに、必要な部分だけを切り替えて表示する技術や手法である。JavaScriptのプログラムによって実現されている。

  • 3分でわかる NB-IoT

     NB-IoTは、モバイル向けの高速通信「LTE」を使ったIoT向けの通信規格。

  • 3分で分かる MaaS

     「マース」と読み、サービスとしての交通・移動手段を意味する。クルマや鉄道など様々な交通手段をITで統合した次世代交通サービスの総称として使われる。

  • 3分でわかるオブジェクトストレージ

     テキスト、画像、動画など多様なファイル一つひとつに管理用メタデータを付けて「オブジェクト」として効率良く格納するストレージのこと。

  • 3分でわかる GitHub

     GitHubは、ソフトウエア開発において、チームでの開発作業の効率化に役立つツールだ。

  • 3分でわかる 情報処理安全確保支援士

     情報処理安全確保支援士は、情報セキュリティーの専門知識を有することを証明する国家資格。

  • 3分でわかる ダークウェブ

     ダークウェブは特別なツールを使わないとアクセスできないWebサイトやWebサービスの総称。銃や危険ドラッグ、マルウエア、不正に取得されたクレジットカード情報など違法な品や情報の取引に使われることが多く、インターネットのヤミ市とも称される。

  • 3分でわかる トークンエコノミー

     トークンエコノミーはブロックチェーンを軸に作り上げた新たな経済圏を指す。ブロックチェーン上で生成した「トークン(独自コイン)」を単純な通貨としてではなく、様々な機能や価値をひも付けた形で流通させる。

  • 3分でわかる クラウドのマネージドサービス

     クラウドのマネージドサービスは、パブリッククラウドで提供されるサービスのうち、運用作業の一部が自動化されるものを指す。大部分の運用作業を自動化したサービスについては「フルマネージドサービス」と呼ぶことがある。

  • 3分でわかる PWA

     PWAは、Webブラウザー向けのWebアプリケーションをあたかもネイティブアプリのように利用するための枠組みだ。PWAのWebアプリは、オフラインでの動作やプッシュ通知も可能だ。

  • 3分でわかる Python

     Pythonは、特にAI(人工知能)分野のシステム開発に使いやすいとされ人気が高まっているプログラミング言語だ。

  • 3分でわかる ハイブリッドクラウド

     ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとオンプレミス(自社所有)環境を接続したシステム基盤のこと。両者をネットワークで結び、オンプレミス環境の延長としてパブリッククラウドを利用する。

  • 3分でわかる EMV

     EMVは、Europay International(現在は米Mastercardに統合)、Mastercard、米Visaにより標準化された、不正被害を抑え込むための決済用ICカード(接触ICカード、非接触ICカード)の仕様である。

  • 3分でわかる 請負契約

     請負契約は、受注者がある仕事の完成を約束し、発注者がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束する契約のこと。システム構築案件では、ユーザー企業が外部のITサービス企業などに開発を委託するとき、一般的に利用される契約形態の一つ。

  • 3分でわかる LPWA

     LPWAは、消費電力が少なく、コストも安く、それでいて広域をカバーできるという特徴を持つ通信技術の総称。

  • 3分でわかる 情報銀行

     情報銀行は、多数の消費者から個人データを預かり集中管理するサービスのことだ。

  • 3分でわかる データレイク

     データレイクは、使う可能性がある多様なデータを何でもため込んでおくストレージのこと。一般には、コストが比較的安価なパブリッククラウドサービスのオブジェクトストレージを使うケースが多い。

  • 3分でわかる PFM

     PFM(個人資産管理)は、複数の銀行や証券会社、クレジットカード会社などの金融機関が持つ自分の取引明細データを、本人がスマートフォンなどで一括管理できるサービスのこと。2012年ごろからFinTech革命の波に乗って、PFM専門のスタートアップが続々と登場した。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る