日経 xTECH登録会員限定 現在はどなたでも閲覧可能です

 仮想通貨を新たに得る行為。仮想通貨の取引は取引データの正確性を検証したうえで、過去の取引履歴とともに改ざんできないように管理する必要がある。仮想通貨には全体を一元管理するシステムや管理者が存在せず、取引データの検証や取引履歴の管理はピア・ツー・ピア(P2P)ネットワークを介して、個人や企業のパソコンやサーバーが担う。

 取引データの検証や取引履歴の管理の仕組みはこうだ。P2Pネットワークを構成するコンピュータは、過去の取引履歴を分散管理している。仮想通貨が取引されると、各コンピュータは取引の信ぴょう性を検証する計算を競う。正しいことが確認されれば、取引履歴にデータを追加する。

仮想通貨取引の信ぴょう性を検証する対価として、仮想通貨を得る「仮想通貨マイニング」。最初に検証を完了したコンピュータには報酬として、新規発行の仮想通貨が自動的に与えられる
[画像のクリックで拡大表示]

 その際、最初に検証を完了したコンピュータに報酬として、新規発行の仮想通貨が自動的に与えられる。「マイニング」とは新規発行の仮想通貨を得る行為を、金の採掘に見立てた呼び名だ。マイニングに参加する個人や企業は「マイナー」と呼ばれる。

 一般的なパソコンがあれば、マイニングを手軽に試すことができる。複数の仮想通貨マイニングソフトが開発され、無料で配布されている。インストールすることでパソコンでマイニングを実行する。マイニングソフトには仮想通貨を保管するウォレットに報酬を送金する機能がある。

 仮想通貨が登場した当初はマイナーの数が少なく、一般的なパソコンでマイニングしても、それなりの報酬を得ることができた。しかしマイナーが増えるにつれて、個人のパソコンで収益を上げるのは難しくなりつつある。検証に参加するコンピュータの台数が増えて、競争が激しくなったからだ。当初マイナーは個人がほとんどだったが、今ではマイニングに参入する企業が増えた。

 問題も生じている。例えば、マイニングソフトの脆弱性を狙うマルウエアが確認されている。マイニングした仮想通貨を攻撃者が横取りできるようにマイニングソフトの設定を書き換えるという。

 プログラムをWebサイトに埋め込み、アクセスした人のパソコンを勝手に使ってマイニングするツールが世間を騒がせたこともある。サイト運営者はマイニングによって収益を得られるが、警察はアクセスした人のパソコンを無断利用して仮想通貨を得る行為を違法とし、サイト運営者を摘発している。