2019年11月27日~29日の日程で開かれたオートメーションと計測の先端技術総合展「IIFES 2019」。初日午後のテーマセッション「電機・計測業界が描く『MONOZDUKURI』の未来像と5Gの可能性」では欧州主導で進んでいる「5G産業活用」の現状を紹介すると共に危機感を提示。5Gの産業活用を「日本がIoTを輸出するチャンスになり得る」との提言で締めくくった。

 2019年11月27日~29日の日程で開かれたオートメーションと計測の先端技術総合展「IIFES 2019」(Innovative Industry Fair for E x E Solutions、アイアイフェス、東京ビッグサイト)。初日の午後にはテーマセッション「電機・計測業界が描く『MONOZDUKURI』の未来像と5Gの可能性」が開催された。IIFES 2019を主催する3工業会、 日本電機工業会(JEMA)、日本電気制御機器工業会(NECA)、日本電気計測器工業会(JEMIMA)のそれぞれが考える「MONOZDUKURI」の将来像と展望を紹介すると共に、5G(第5世代移動通信システム)の産業活用をテーマにパネルディスカッションが行われた。

「電機・計測業界が描く『MONOZDUKURI』の未来像と5Gの可能性」の様子
左から桔梗原冨夫氏、苗村万紀子氏、葉山陽一氏、池羽進午氏、山田剛良氏(写真:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 パネルディスカッションでは欧州主導で進んでいる「5G産業活用」の現状を紹介すると共に危機感を提示、5Gの産業活用が「日本がIoTを輸出するチャンスになり得る」との提言で締めくくった。

 パネリストはJEMA スマートマニュファクチャリング特別委員会の苗村万紀子委員長、NECA ものづくり・ことづくり委員会の葉山陽一委員長、JEMIMA IoTイノベーション推進委員会の池羽進午委員長に、日経ものづくりの山田剛良編集長を加えた4名。モデレーターは日経BP総研の桔梗原冨夫フェローが務めた。

欧州では5Gの産業への適用を前提に仕様を検討

JEMA スマートマニュファクチャリング特別委員会の苗村万紀子委員長
(写真:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 パネルディスカッションの冒頭では5Gの産業適用で先行するドイツの状況をJEMAの苗村氏が紹介、問題提起した。

欧州では産業向けに5Gを開発していくという流れができていると苗村氏は語る
スライド下部は2019年4月に開催されたハノーバーメッセでの5G関連の各社の展示を紹介している(出所:JEMA)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツでは産業界と通信業界で議論し、意見を集約する場として2018年4月に業界団体の「5G-ACIA(5G Alliance for Connected Industries and Automation)」が発足している。

ドイツ電機電子工業連盟(ZVEI)が中心となって作られた5G ACIAの構成
(出所:JEMA)
[画像のクリックで拡大表示]

 「メンバーが面白くて、シーメンスなど制御系の産業機器メーカーとファーウェイやクアルコムなどの通信機器メーカー、ICT(情報通信機器)メーカーの両方が入っている。アウディなど自動車メーカーも居る。あとは大学系機関や研究機関などが加わっている」と苗村氏は説明する。ドイツ主導ではあるがドイツの企業に閉じた組織ではなく、日本企業も「NTTドコモのほか、パナソニック、三菱電機、横河電機などが参加している」(苗村氏)という。

5G ACIAのメンバー
(出所:JEMA)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら