2019年11月27日に開幕した自動化技術や計測技術の展示会「IIFES 2019」(29日まで、東京ビッグサイト)では、人工知能(AI)の活用によって“人間超え”の制御を実現しようとする提案が多数見られた。熟練技能者の退職や慢性的な人材不足で、AIへの期待が一段と高まっている。

 日本の生産現場は、組み立て(ディスクリート)系とプロセス系のいずれも、人間の暗黙知への依存度が高いといわれる。かつてはその暗黙知が強みや参入障壁として機能したが、熟練技能者が次々と退職し、後継となる人材の確保も難しい中、暗黙知への依存はむしろ“アキレス腱”となりつつある。そこで、暗黙知を形式知化し、現場に実装する手段としてAIが注目されているのだ。

 例えば、オムロンはロボットの制御にAIを活用したデモンストレーションを披露した。垂直多関節ロボットに取り付けたハンドで軸受を模したリング状部品をつかみ、固定した軸部品にはめ込んだり取り外したりする。一見簡単そうだが、リング状部品と軸部品の隙間が非常に小さいので、センシングや位置決め制御に10μmオーダーの精度が求められる上、ハンドをうまく動かさないとリンク状部品を軸部品にはめ込めない。このハンドの最適な動きを学習するプロセスにAIを活用した。様々な動きの試行結果を学習することで、最適な動きを導き出せるという。

制御の学習にAIを活用したオムロンのデモ
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 リング状部品を軸部品にはめ込むような作業では、人間は試行錯誤を経て最適な動きを自ら獲得していく。それをAIに置き換えることで、これまで暗黙知だったものを形式知化するとともに、全世界の生産現場に展開できるようになる。オムロンでは、このようなAIの活用について研究開発を進めている段階だという。

ハンドの動きをAIが学習する
(オムロンの資料を日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら