自動車業界や半導体業界から8社が集い、およそ3年以上の準備期間を経て、完全自動運転車の実用化に向けたコンソーシアム「Autonomous Vehicle Computing Consortium (AVCC)」を立ち上げた。英アーム(Arm)の活動が契機になって立ち上がったことから、同社の年次プライベートイベント「Arm TechCon 2019」(2019年10月8~10日、米サンノゼ)で公表した(関連記事)。初期メンバーとして名を連ねているのは、アームに加えて自動車メーカーでは米General Motors(GM)とトヨタ自動車が、ティア1ではドイツBoschとドイツContinental、デンソーが、半導体メーカーでは米NVIDIAとオランダNXP Semiconductorsである。

年次プライベートイベント「Arm TechCon 2019」でAVCCを発表(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 AVCCで掲げている目標は、2025年モデルのクルマ、中でも「多くの人が購入できるクルマ(大衆車)に、AVCCで議論した結果を反映させること」(AVCCのboard of directorsで、アーム ADAS/Automated Driving Platform Strategy, Directorの新井相俊氏)である。まずAVCCでは、大きさや温度範囲、消費電力、安全性などとコストのバランスを考慮して、自動運転車にとって「頭脳」に相当するコンピューティングシステム(メインの車載コンピューター)の「レコメンデーション(推奨)」アーキテクチャーを定義する。

 その仕様の具体的な数値まで踏み込んで決めるかは未定だが、少なくとも機能レベルまで定義する予定だ。加えて、ソフトウエアAPIの要件もまとめる。AVCC内でコンピューティングシステムの議論を開始しており、要件がまとまり次第、テーマごとにワーキンググループを設けてさらに深く議論していく構えである。

AVCCのチェアマンはGMのMassimo Osella氏が務める(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら