個々のアスリートに対して練習や試合の状況を見て、プレーの評価や助言、トレーニングメニューなどを作成する「専属コーチ」。これまでは、プロアスリートやオリンピックの代表選手のようなトップ層に限られる「特権」とも言えるものだった。それが今、スマートフォン(スマホ)の高性能化やAI(人工知能)技術の発達によって、学校の部活動でスポーツに取り組む学生アスリートや、趣味でスポーツに取り組むアマチュアアスリートなど一般層でも頼れる存在になりつつある。

 CEATEC 2019(2019年10月15~18日、幕張メッセ)では、スマホや接続したセンサーデバイスから、選手のプレーをAIで解析、専属コーチのような助言を選手に与えるサービスが複数紹介された。1つはKDDIが開発した「アスリート育成支援システム」である。披露したデモではサッカーのパスの動作を解析していた。市販の単眼カメラと、センサーを組み込んだ「IoT ボール」を利用して、体験者のボールを蹴るタイミングや姿勢を解析、改善点などを指摘した(図1)。

図1 デモの結果
改善点などのアドバイスが表示された。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 デモの様子はこうだ。体験者がカメラの前に立って、両手を「グー・パー」と開閉するとデモが始まる。体験者の前の大型ディスプレーに「パスの受け手」となる選手が表示され、体験者はそのタイミングに合わせてサッカーボールを利き足と逆足でそれぞれ蹴ってパスを出す。すぐに「決定力」と「タイミング」、「逆足精度」の3つの項目の評価と総合評価が表示され、改善のポイントも指摘される。筆者は「ボールの蹴る位置」に注意するようにとの助言をもらった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら