かつて「エレクトロニクスとIT」の展示会だったCEATECが「CPS/IoT」を掲げたのは2016年。それ以降、会場で目に付くようになったのが、いわゆる「ものづくり」系の企業である。「CEATEC 2019」(2019年10月15~18日、幕張メッセ)では、IoTで先行していたものづくり系企業が、各分野で強固な事業基盤を持つプラットフォーマーになりつつある様子がうかがえた。

価格や納期を自動計算

 部品商社のミスミグループ本社は、工場の生産設備に用いる機械部品や金型部品などの受託製造サービス「meviy(メヴィー)」のデモンストレーションを実施していた。meviyはWebブラウザーベースのサービス。特徴は、ユーザーが部品の3Dデータ(基本的に中間ファイル形式)をアップロードすると、価格や納期を自動で即時に提示することだ。さらに、加工プログラムも自動で生成する。会場では、DMG森精機の工作機械を設置し、加工する様子を実演している。

ミスミグループ本社におけるmeviyの実演(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 機械部品や金型部品は、故障などによって突然必要になることも多い。外注業者の選定や見積もりといったやり取りが不要なmeviyは、「すぐに欲しい」という現場のニーズに応え、売り上げを急速に伸ばしている。具体的な数値は明らかにしていないが、2018年度初月の2018年4月と、最終月の2019年3月を比べると、売上高は8倍になった。トヨタ自動車やホンダ、キヤノン、ソニー、パナソニックなど日本を代表するメーカーがmeviyを利用しているという。「meviyが提供するのは『時間価値』。これによって浮いた時間をユーザーがもっとクリエーティブなことに使えるようになる」(ミスミ3D2M企業体代表執行役員企業体社長の吉田光伸氏)。

meviyの概要(ミスミグループ本社の資料を日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 CEATEC 2019開幕日の2019年10月15日、ミスミグループ本社はこのmeviyに関する新たな施策を同社ブース内で発表した。目玉の1つは、樹脂素材の取り扱い開始だ。同年11月1日にMCナイロン(注型成形したポリアミド6)とポリアセタール(POM)の提供を始める他、エンジニアリングプラスチックを中心に選定可能な樹脂素材を順次増やしていくという。

 さらに、今後は海外展開も進める。2020年度中に米州に進出するのを皮切りに、欧州、中国、(中国以外の)アジアに順次拡大する。製造業では、国内外の工場で共通の機械部品や金型部品を使っていることも多く、海外でも同じ3Dデータで注文できるようになれば、ユーザーの利便性はさらに高まる。

 meviyに関して日本では試作品の領域で、米プロトラブズ(Protolabs)と提携してサービスを展開してきた。同社は、樹脂射出成形部品や金属切削加工部品の受託製造サービスを手掛ける企業である。今後は、この提携モデルをさらに発展させる形で、加工パートナー企業とのアライアンスを拡大していく。価格や納期の自動計算という強力なインターフェースを武器に、“プラットフォーマー”としての地位を確立しつつあるともいえる。

機械メーカーを超えた存在に

 板金加工機械メーカーのアマダ(アマダホールディングスの板金事業子会社)は、同社が展開するIoTサービス「V-factory」の対象領域拡大を図る。これまでは機械の稼働状況の把握やそれに基づいた保守の効率化など、ユーザーのエンジニアリングチェーンの下流が主な対象だった。今後は、より上流の生産計画に焦点を合わせるべく、CEATEC 2019のブースでは機械の稼働データと連動する生産計画システム「vLot Manager」を訴求していた。

関連記事:稼働データに連動した生産計画が可能に、アマダがIoT活用を拡大

アマダのブース(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 アマダがIoTサービスの対象を生産計画にも広げるのは、エンジニアリングチェーンの下流だけを効率化しても、上流が非効率なままでは、企業全体の生産性は改善しないからだ。生産計画という上流工程の改善も支援することによって、IoTサービスの価値を高める狙いがある。

 一般に、板金加工機械のユーザーは、顧客からの受注情報や機械の生産能力などに基づいて毎日の生産計画を立てている。ここでの生産計画とは、どの機械にどのような順番でどのような加工をさせるかを決めることだ。IoTによって機械の稼働状況はリアルタイムで把握できるようになった。その情報は、現場のオペレーションや保守計画などには活用されつつある。だが、生産計画には必ずしも活用されていないという。前述の通り、顧客からの受注情報や機械の生産能力などに基づいて見込みで生産計画を立てているが、実際には進捗の遅れや見込み違いによる過剰な割り振りが発生しており、計画通りにいかないことも多い。結局、担当者の勘や経験を頼りに、「その日の朝に、どの機械を使うか決めているユーザーも少なくない」(アマダ執行役員 サービスBiz推進部門長の横山匡氏)のが現状である。

 今回訴求する生産計画システム「vLot Manager」は、実際の稼働状況やタスクに基づいて生産計画を作成・修正できる点が特徴である。IoTの効果を、生産計画にも還元するものだ。アマダはもはや単なる板金加工機械メーカーというよりは、板金加工機械ユーザーの業務全般を支援する存在になりつつある。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら