AI(人工知能)を活用したモビリティー(移動)の新たな取り組みが、「CEATEC 2019」(2019年10月15~18日、幕張メッセ)で紹介されている。CEATECに初出展となるディー・エヌ・エー(DeNA)の「働き方改革タクシー」と、NTTドコモが現在、横浜市内で実証実験を行っている「AI運行バス」である。

 DeNAは2015年にオートモーティブ分野に参入。2018年12月にはタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」のサービスを開始し、人手不足や高齢化などの課題に直面するタクシー産業の改革にも乗り出している。MOVではタクシーメーターと連動した車載器システムによって、乗客の一番近くにいるタクシーを呼び出す。乗客の利便性や配車効率の向上を実現している。

CEATECに初出展したディー・エヌ・エー(DeNA)のブース。メーンテーマは「働き方改革タクシー」
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 背景にあるのは、国内におけるタクシーの車両実働率(乗客を乗せての走行)が約46%にまで低下している事実だ。さらにドライバーの数は年々減少傾向にあり、乗車回数も伸び悩んでいる。これをアプリによる配車によって最適化ができれば事業収益を改善できる。モビリティーをサービス化する「MaaS(Mobility as a Service)」が世界的に注目される中、海外では米ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)などのライドシェアリングへの期待が大きいが、国内ではむしろタクシー業界が大きな役割を担うと見る専門家も多い。

 DeNAの「働き方改革タクシー」では、ドライバー数の減少への対策などを提案している。その1つがAIを活用する「お客様探索ナビ」だ。給与が歩合制の場合が多いタクシードライバーは、スキルによって年収が300万~1000万円以上など格差が大きいという。ドライバーとしてのノウハウを持ち合わせていない新人ドライバーほど収入が低い傾向があり、それが若手ドライバーが参入する阻害要因になっている。

 例えば、“稼ぐドライバー”は「事故のリスクが高く、お客を拾えない右折はなるべく避けて左回りに走る」「赤信号ではお客を拾える先頭に止まるように速度を調節する」などのノウハウを持ち合わせているという。

 「お客様探索ナビ」はAIの力で、こうしたノウハウを新人ドライバーに伝授する。具体的には、乗客の目的地までの最適なルートをそのときの天候や交通状況なども加味してAIが判断し、それをアプリに提示することで、新人でも安定した収入が得られるようになる。これまでMOVを通じて蓄積した走行に関するビッグデータを基にAIを開発した。

「お客様探索ナビ」の画面。AIの指示通りに走れば、新人ドライバーでも安定収入が得られるようになるという
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 早ければ2019年内にドライバーに向けてサービスを提供する。「ゆくゆくは、走行速度やレーンについての指示も出せるようにしたい」(説明員)としている。この他、「働き方改革タクシー」ではAIを活用する交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART」もドライバー向けに提供する。事故の発生を予防し、安心して業務につける環境をつくり出すのが狙いという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら