アマダは、2019年10月15日に開幕する「CEATEC 2019」(18日まで、幕張メッセ)において、同社の板金加工機械の稼働データと連動する生産計画システム「vLot Manager」を訴求する。従来、同社はIoT(Internet of Things)を活用したサービスとして、機械の稼働状況把握や予知保全などに力を注いできたが、その範囲を拡大する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら