「仕事のための仕事が、大きな無駄を生んでいる」。日経 xTECH EXPO 2019の講演で、Dropbox Japanインダストリーリーダーの戸田麻弥氏は、建設業界の働き方改革に向けた課題をこのように指摘。データ管理にまつわる無駄をクラウドストレージサービス「Dropbox Business」の導入によって撲滅、改善できると提案した。

建設業特有の無駄撲滅にクラウドストレージサービスの活用を提案するDropbox Japanの戸田麻弥氏(写真:中村 宏)
[画像のクリックで拡大表示]

 戸田氏によれば、「仕事のための仕事」とは建設業の本業以外に発生する「雑用」。例えば、現場で最新の資料を確認できず、わざわざ事務所に戻らなければならない手間や、NAS(ネットワーク接続ハードディスク)などに保存していたファイルが誤って削除されたり、上書きされたりした場合、復旧にかかる手間などを指す。

 戸田氏はDropbox Businessの特徴を説明。複数のユーザーがシームレスにデータを共有でき、共有したファイルがあらゆる種類の端末から編集したり確認したりできる点を挙げた。さらに、共有ファイルは常に同期しており、容量無制限に使えるストレージはNASなどに比べて災害や故障のリスクが低いと解説した。