2019年10月10日、日経xTECH EXPO 2019(東京ビッグサイト)会場でパネルディスカッション「デジタルものづくり【スーパーユーザーパネル】~ものづくりデジタル化の現状と今後~」が開催された。製造業におけるデジタル革新やスマート工場化の先進ユーザーであるマツダ、独シーメンス、米ロックウェル・オートメーションの各担当者がパネリストとして登壇。前半はそれぞれが自社の現状を踏まえてものづくりデジタル化の実際を解説した。

デジタルものづくり【スーパーユーザーパネル】のパネリスト
左からマツダの木谷昭博氏、独シーメンスのサッシャ・メヌル氏、米ロックウェル・オートメーションのジョセフ・バルトロメオ氏(撮影:新関雅士)
[画像のクリックで拡大表示]

マツダ、次はサプライチェーンのデジタル革新

 IoT(Internet of Things)の普及やビッグデータ解析、AI(人工知能)に代表される機械学習技術の進歩により、さまざまな製造設備からデータを取得して解析し、設計や製造などにフィードバックしていく取り組みが脚光を浴びている。多くのメーカーはもともとこうした取り組みを進めていたが、さらにきめ細かいデータ取得や解析に取り組み、現場改善を加速している企業は多い。

 では、従来のものづくりと「製造のデジタル化」はどのような違いがあるのか。具体的にどのような取り組みを進めているのだろうか。

マツダ 執行役員 MDI&IT本部 本部長の木谷昭博氏
(撮影:安蔵靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 最初にプレゼンをしたマツダ 執行役員 MDI&IT本部 本部長の木谷昭博氏は、1996年8月からマツダが全社を挙げて取り組んだプロジェクト「MDI(Mazda Digital Innovation)1」からひも解き、同社のデジタルものづくりを語った。

マツダの製造デジタル化の取り組み
(撮影:安蔵靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 MDI1は自動車の製品開発・製造領域のプロセス革新を目指したプロジェクト。自動車開発にシミュレーション技術を大胆に持ち込み、「モデルベース開発」と呼ばれる革新的な開発手法をいち早く実車開発に導入するなどの成果を生み出した。2016年4月にはMDI1を引き継ぎ、ものづくりだけでなく販売店までのサプライチェーンをつないだ業務革新を目指す「MDI2」を立ち上げ、2019年4月にMDI&IT本部として定常組織化した。木谷氏はそのリーダーである。

MDI1は商品開発プロセスの革新
バーチャルで検討し実物で熟成する体制を築いた(撮影:安蔵靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 木谷氏はMDI 1について「デザイン、設計、テスティング、生産の準備、金型、治具、ラインの組み立てなど、商品開発そのものの革新を目指した」と説明する。「当時はCAD/CAM/CAEをフルに活用してプロセスを革新し、最終的な目標として図面の完成度を徹底的に上げていこうと取り組んだ」(木谷氏)。

 2000年ごろにはエンジントランスミッションの制御開発のデジタル化を開始。「サプライヤーに渡す仕様書の段階からデジタル化し、ここがモデルベース開発のスタートラインになった」(木谷氏)という。

 1996年にスタートしたMDI 1は、2007~08年くらいまでは車の構造体や流体などの領域におけるシミュレーションの精度向上に取り組んできたという。「実際の挙動がどのようなからくりで起きているのか、現象を解明するテスティング装置に徹底的に投資し、シミュレーションの精度を上げていった」(木谷氏)。