日経BPは2019年10月9日、東京ビッグサイト(西1~4ホール)で企業向け技術ソリューションの総合展示会「日経 xTECH EXPO 2019」を開幕した。今回が2回目の実施となり、10月11日まで3日間の日程で開催する。

東京ビッグサイトで開幕した日経 xTECH EXPO 2019
[画像のクリックで拡大表示]

 基調講演のトップは「あのプロマネが明かす、『はやぶさ2』の“世界初”を支えたチームづくり」。 宇宙航空研究開発機構の津田雄一氏が、小惑星探査機「はやぶさ2」による数々の技術開発や成果を紹介。不確実性が極めて高く失敗が許されないプロジェクトの舞台裏を披露する。

 同日にはJR東日本の基調講演「オープンイノベーションによるモビリティの変革」もある。同社の太田朝道常務取締役 CTO・CISO 技術イノベーション推進本部長が、グループ経営ビジョン「変革2027」の下で推進するMaaS(Mobility as a Service)事業やスマートメンテナンスの実現について紹介する。

 日経 xTECH EXPOは、エンタープライズICT、クラウドImpact、Security Solution、HRテック&ラーニングテクノロジー、デジタルドキュメントなど、10を超える技術展から成る。IoT(インターネット・オブ・シングズ)やFinTech、AI(人工知能)をはじめとする先端技術のほか、働き方改革など幅広い分野をカバーする。製造業向けのデジタルものづくり、建設業向けの建設テックといった個別展もある。

 デジタルビジネスの構築に不可欠な技術・製品・サービスが一堂に会した。100を超える講演やセミナー、シアターセッションを多数実施している。入場料金は3000円。Webサイトで事前登録をすれば無料になる。