ソニーが「IFA 2019」(ドイツ・ベルリン、2019年9月6~11日)で発表したニアフィールド・パワードスピーカー「SA-Z1」には、現在のオーディオのトレンドを大きく変えようという野望が秘められている。

正面から。こんな形のスピーカーは見たことがない
(写真:麻倉怜士)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ニアフィールド」とは近接聴の意味だ。つまり、ソファーに座って数メートル先の大きなスピーカーの音を聴くのではなく、机の上にスピーカーを置いて、箱庭的な音場で聴く。そして「パワードスピーカー」とはアンプを内蔵したスピーカーのことである。

 実は、わが国のオーディオシーンでは、この2つはどちらも確固とした市民権を得ていない。ハイファイ用途ではブックシェルフ・スピーカー以上の大きなスピーカーが主流だし、アクティブスピーカーは、アンプとスピーカーを組み合わせるコンポーネントの楽しみを奪うものとして、拒絶するマニアが多い。だから、ソニーのニアフィールド・パワードスピーカーは画期的な提案なのだ。

 このスピーカーにはもうひとつ、戦略的な野望がある。「ユーザーをヘッドホンからスピーカーに取り戻す」である。ソニーの担当者はこう言う。「若者ユーザーはヘッドホン・イヤホン志向が非常に強く、なかなか大きなスピーカーとアンプという通常のオーディオ機器に振り向いてくれません。そこで、考えを根本的に変えました。ヘッドホンと同じく非常に解像度の高い音を空間で聴くと、より楽しいことが分かってもらえるように、大きなシステムではなく、敷居が低い“机上のニアフィールド”にしたのです」。

 「ターゲット顧客は個人のオーディオ愛好家です。ポータブルからオーディオの世界に入った人、解像度が最高だと思っていたのだが、ステージ感に優れたハイエンドな携帯音楽プレーヤーを聴き、音場の魅力に気づいた人たちです。それなら彼らに、従来からのオーディオシーンで普通の「大きなスピーカー+大きなアンプ」という組み合わせでなく、机の上に置けるほどコンパクトで、非常に高品位なアクティブスピーカーを提供すれば、解像度+音場の魅力に目覚めてくれるはず、と考えました」(ソニーの担当者)

IFA 2019のブース内に設置された特設オーディオルーム。外部からの騒音の影響が少なく、非常にノイズが小さい、ニアフィールドで聴く高品位パワードスピーカーの実力が余すところなく聴けた
(写真:麻倉怜士)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら