2019年の世界出荷でテレビのみならず、スマートフォンも登場以来、初の「マイナス成長」が予測される中、堅調なのが“白物家電”とも言われる生活家電だ。

 例えば、洗濯機/洗濯乾燥機の世界市場は、富士経済によると2018年に前年比1.6%増の1億1227万台(2019年4月発表値)だったが、2023年には2018年比7.8%増の1億2108万台に成長するとしている。

 この生活家電にもAI(人工知能)で機能を改善したり、使い勝手を高めたりするトレンドが押し寄せている。既に国内の大手家電メーカーも、AIを活用したエアコンや洗濯乾燥機を販売しているが、ドイツ・ベルリンで開催された「IFA 2019」(2019年9月6~11日)では、中国や韓国、ドイツの家電メーカーが同様の新製品を展示した。

LG電子がIFA 2019のブースに展示した、「AI DD」に対応したドラム型の洗濯乾燥機
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら