台湾ASUSTeK Computer(ASUS)は2019年9月4日、ドイツ・ベルリンで開催される「IFA 2019」に先駆けてプレスカンファレンスを開き、ゲーミングスマホやモバイルワークステーションなどの新製品を発表した。

ゲーミングスマホの後継モデル「ROG Phone II」

 発表会にはASUS 共同CEOのS.Y. Hsu氏が登壇(写真1)。ASUSが設立30周年を迎えたことを紹介し、「30年間、ユーザーやファンに支えられてきた。今回はビジネスユーザー、コンシューマー、ゲーマーに最高の体験をもたらす製品を提供する」と切り出した。

写真1●ASUS 共同CEOのS.Y. Hsu氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲーミングブランド「ROG」シリーズのスマートフォンとしては、「ROG Phone II」と、その上位モデル「ROG Phone II Ultimate Edition」を発表した(写真2)。7月に発表した中国テンセントとのコラボモデルに続く、グローバル向けの発表になる。

写真2●ROG Phone II
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーには米クアルコム(Qualcomm)製Snapdragon 855 Plus Mobile Platformを搭載。3Dベイパーチャンバーによる冷却システムにより、最高性能をより長く引き出せるとした(写真3、4)。

写真3●ROG Phone IIの背面
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●カプコンの「ROCKMAN X DiVE」をプレイ中の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 6.59型の有機ELディスプレイは120Hzのリフレッシュレートと1ミリ秒の応答速度に対応しており、ASUSは世界初としている。6000mAhの大容量バッテリーを搭載し、「PUBG MOBILE」を7.1時間プレーできるという。

 ROG Phone IIは12GBのメモリーと512GBのストレージを搭載し、欧州での価格は899ユーロ。一部の地域では9月20日より出荷を開始する。

 上位モデルのUltimate Editionは、12GBのメモリーと1TBのストレージを搭載し、欧州での価格は1199ユーロである。発売は2019年第4四半期とした。

 ほかにもROGシリーズのゲーミングノートPCの新製品として、300Hz/3ミリ秒表示対応のディスプレーを搭載した「Zephyrus S GX701」などを発表した(写真5)。

写真5●Zephyrus S GX701
[画像のクリックで拡大表示]

880gからのビジネスノート「ASUSPRO B9」

 ビジネス向けのASUSPROシリーズからは、薄型軽量の14型ノートPC「ASUSPRO B9」を発表した(写真6)。最小構成時の重量は880gで、ASUSは14型ビジネスノートPCとして世界最軽量と位置付ける。

写真6●ASUSPRO B9
[画像のクリックで拡大表示]