(出所:Messe Düsseldorf)

 世界最大規模のプラスチック・ゴム専門ショー「K2019」が2019年10月16日から23日まで、ドイツ・デュッセルドルフで開催される。その事前記者説明イベント(K2019プレビュー)が同年7月1日から3日までの日程で、メッセデュッセルドルフで開かれた。筆者は最新の出展情報を取材するとともに、欧州プラスチック業界の首脳や出展者と意見を交換した。そこで得た欧州プラスチック業界、あるいは欧州の社会全体が現在持つ問題意識を紹介したい。

日本最大規模の展示会と比較して3倍の規模

図1 会場のメッセデュッセルドルフ
(写真:小松道男)
[画像のクリックで拡大表示]

 あらためて「K」について説明すると、プラスチック展示会では名実共に世界の頂点に立つ存在である。3年ごとの開催で過去67年間続き、集客規模は24万人。K2019は出展者3157社、展示面積17万6886m2(2971m2増加)という規模になり、前回を上回る。日本からの出展は32社で2社増加、中国(香港含む)からの出展は340社で61社減となっており、中国経済の減速傾向が出展状況に垣間見られる。

* 数値上で単純に比較すると、日本国内における最大規模のトレードショーの1つ「日本国際工作機械見本市(JIMTOF)」の展示規模は約4万9500 m2(2020年予定)であり、K2019はその3倍以上に相当する。

 主催のメッセデュッセルドルフは、K2019のテーマとして「イノベーションと国際ビジネスの牽引力」を掲げており、下記のトピックスに沿って野心的にイベントを展開しようとしている。

・持続的な開発(サステナブルデベロップメント)と循環型経済(サーキュラーエコノミー)のためのプラスチック

・インダストリー4.0による付加価値のデジタル化

・システムインテグレーション:素材、プロセス、デザインを通した機能の実現

・プラスチック産業への若き専門家への戦略的広報

 上記のトピックスを推進するために、具体的には以下のイベントを開催する。

・特別プレゼンテーション「プラスチックス・シェイプ・ザ・フューチャー(プラスチックが未来をつくる)」

・スペシャル「サイエンスキャンパス」(教育・研究機関による発表・討論コーナー)

・「バイオプラスチック」朝食セッション

・ラバーストリート「ラバー&TPEポケットガイド」(ゴム分野の来場者向けフォーラム)

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら