メルカリが日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の名門、鹿島アントラーズ・エフ・シーの経営権を取得するなど、IT業界からのスポーツビジネス参入が活発化している。

 その先兵と言えるのが楽天だ。同社はプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスを運営するほか、J1のヴィッセル神戸の運営も手掛ける。2018年にはスペインのFCバルセロナで活躍した、世界的に著名なアンドレス・イニエスタ選手を30億円を超える破格な年俸で獲得し、サッカー界に大きなインパクトをもたらしている。

 その楽天が、自社イベント「Rakuten Optimism 2019」で、「スポーツビジネスの未来」と題したパネルディスカッションを2019年8月2日に開催した。モデレーターを務めた楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長は冒頭、「スポーツには地域振興や教育的な意味もあるが、経済的にも大きなインパクトがある。2018年のサッカーW杯ロシア大会にイタリアは出場できず国民は大いに落胆したが、それは単に出場できないだけでなく、サッカーがイタリア経済全体の3.5%を担っているという経済上の理由もあった」と話した。

パネルディスカッション「スポーツビジネスの未来」の様子。左からサイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏、元東京ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏、日本プロサッカーリーグ チェアマンの村井満氏、モデレーターを務めた楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

ネット配信とスポーツの親和性高い

 ディスカッションには、2018年にJ2のFC町田ゼルビアを買収した、サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏らが登壇した。

 三木谷氏から買収の理由を聞かれた藤田氏は、「メディアがかつてのようにテレビ放送一辺倒ではなくインターネット配信が普及したことによって、スポーツのコンテンツ価値が高まっている。実は我々は、過去に東京ヴェルディの経営参画に失敗した経験があり、Jリーグへの再参入を模索していた。そうした中、ヴィッセル神戸がイニエスタ選手を獲得したというニュースを目にし、なんて素晴らしいお金の使い方だと思った。正直、それに背中を押されて経営参画を決めた」と語った。
 
 サイバーエージェントは無料のインターネットテレビ「AbemaTV」を運営し、スポーツでは日本フットサルリーグ(Fリーグ)などの試合を配信している。

 藤田氏はネット配信のインパクトをこう語った。「町田ゼルビアの経営に参画してから、試合をする陸上競技場に実際に行ってみてびっくりした。駅から遠くて不便な場所にあり、これは大変だと思った。でも、例えばここでイニエスタ選手がプレーをして、それをAbemaTVで放送できたりしたら多くの人が観るだろう」(同氏)。

 「ネット配信とスポーツの親和性は高い。AbemaTVでは、大相撲を幕下から配信しており、全試合を流すことができる。世界からも観られる。もし、Jリーグの外国人枠が撤廃されたりしたら、海外から多くの視聴があるだろう。町田を選んだ理由は、世界に通用するブランドである東京を拠点にしていること。世界から試合を観てもらえるようなチームにしたい」(藤田氏)