ソフトバンクやヤフーの子会社が出資するOpenStreet(オープンストリート)で代表取締役の横井晃氏は2019年7月19日、同社が取り組む自転車のシェアリングサービスについて講演した。シェア自転車の置き場である「ステーション」を中核とみなして、事業を拡大していく構想を示した。

[画像のクリックで拡大表示]
OpenStreet代表取締役の横井晃氏。(撮影:日経 xTECH)

 東京都で開催した「SoftBank World 2019」に登壇した。横井氏は、「シェア自転車が普及するためのカギを握るのがステーション。飛行機には空港、電車には駅、タクシーにはタクシー乗り場があるように、全てのモビリティーにはステーションがいる。自治体などと協力して、街の中に自転車のマイクロステーションを整備していきたい」と語った。

 横井氏が自転車置き場を重視するのは、事業を拡大するサービス拠点となることに期待するからである。例えば広告配信事業。「ステーションのある商店街の店舗が、そのステーションの利用者にだけ広告を配信するといったことが考えられる」(横井氏)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら