ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は2019年7月18日、法人向けイベント「SoftBank World 2019」で講演し、「日本はいつのまにかAI(人工知能)後進国になってしまった。手遅れではないかもしれないが、かなりやばい」と日本の現状に危機感をあらわにした。

 孫氏は講演の冒頭、「AIが一番得意なことを一言で表すとプレディクションだ」と語った。「物事を推論する力は人間の進化の最も大きな源泉であり、推論に欠かせないのがデータだ」。

講演するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
[画像のクリックで拡大表示]

 自動運転などが普及すれば、データ量は爆発的に増える。孫氏は「ネット上を流れるデータ量はこの30年間で100万倍に増えた。この先の30年間でさらに100万倍に増える。人間が推論するには不可能に近い量のデータがやってくる。だからAIを使って推論をしていく必要が出てくる」と力を込めた。

 AIの進化で意思決定の仕方も変わるという。人間の勘と経験に頼ってきた従来の意思決定に代わり、「AIが科学的でデータに基づいた推論をしていくことで、人類の進化がさらに加速する」。孫氏は「30年後にはAIによる推論の精度がはるかに人を上回る時代がやってくる」と予測した。

 「AIに何でもかんでもやらせようというアプローチは間違っている。最も得意なものをやらせる適材適所が大切だ」とも語り、AIの得意分野として需要予測による在庫回転率の向上やマーケティングの高度化などを挙げた。格安ホテルを運営するインドのオヨ(OYO)や配車サービス大手のシンガポールのグラブ(Grab)などの経営トップも登壇し、実例を語った。

 孫氏は講演の終盤で、日本のAIの現状について警鐘を鳴らし、「日本も早く目覚めて、(世界に)追い付き、そして追い越さないといけない」と述べた。「まだAI革命は始まったばかりで、手遅れではない。でも目覚めないとやばい」とした。