病院の業務効率化の鍵は音声入力にあり、NTTや富士通、NECがこぞって開発

2019/07/22 05:00
河合 基伸、高橋 厚妃=日経 xTECH/日経デジタルヘルス

 NTTとNTTテクノクロスは、音声入力を活用して内視鏡検査の所見の登録を効率化するシステムを展示会「国際モダンホスピタルショウ2019」(2019年7月17日~19日、東京ビッグサイト)に参考出展した。現在は医師が内視鏡検査時に診断結果を記憶して、検査終了後に所見を記録する場合が多く、医師の負担の増大につながっている。音声入力を活用することで、内視鏡検査をしながら所見を自然な発話で記録できるようになる。

内視鏡所化の効率化を目指す(撮影:日経 xTECH)
クリックすると拡大した画像が開きます

 NTTは富士フイルムメディカル、神戸大学と共同で実験を進めており、実証実験で診断時間の短縮が図れることを確かめたという。診断後に手入力する場合に比べて、すべての患者で診断時間の短縮効果が得られた。平均診断時間は75秒短縮できた。

実験結果(撮影:日経 xTECH)
クリックすると拡大した画像が開きます

 内視鏡検査に合わせた辞書データを用意することで認識精度を高めることができるものの、「医療分野では特に間違いが許されないため極めて高い精度が求められる」(NTTの説明員)。精度向上に向けて技術開発を継続する。

この先は日経 xTECH登録会員(無料)の登録が必要です。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング