ベルギー・シガシー(Sigasi)は、エレクトロニクス/半導体設計の国際イベントである「56th Design Automation Conference:DAC 2019」(6月2~6日に米国ラスベガスで開催)に展示ブースを構えて、FPGAやASICの論理設計者に向けたHDLエディター「Sigasi Studio」の最新版を見せた。同社ブースで、Hendrik Eeckhaut氏(Co-founder and CTO)とBob Seghers氏(General Manager)に話を聞いた。

左端がBob Seghers氏で中央がHendrik Eeckhaut氏。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 前回、筆者が同社に話を聞いたのは2年前(関連記事)。その際には、Sigasi Studioのバージョンは3.5だったが、今回の最新版はバージョン4.0である。同社によれば、多くの点を改善したという。HDLコードを見やすくしたり、処理速度を上げたり、精度を向上させたりした。また、コマンドの一部の文字を入れるとコマンドを推察する、いわゆるオートコンプリート機能を加えた。複数の言語が混在した設計の取り扱いも改善したとのことだった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら