米Advanced Micro Devices(AMD)は、COMPUTEX TAIPEI 2019(2019年5月28日〜6月1日)の前日に開催されたOpening Keynoteで、7nmプロセスで作るデスクトップPC向けMPU「第3世代Ryzen」の詳細を発表した(ニュースリリース)。また、7nmプロセスで作るダイを搭載した新世代GPUカード「Radeon RX 5700シリーズ」のプレビューを公開した。

「第3世代Ryzen」を掲げるAMD CEOのLisa Su氏。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 第3世代Ryzenが、台湾TSMCの7nmプロセスで作るZen2コア集積のCPUチップレットと、米GLOBALFOUNDRIESの14nmプロセスで作るI/Oチップレットを実装したMCMになることは以前から発表されていた(関連記事)。今回、CPUチップレット2つとI/Oチップレットを1つを実装した12コアのMPU「Ryzen 9 3900X」を提供することを明らかにした。

 さらに、CPUチップレットとI/Oチップレットを1つずつ実装する製品を4つ用意する。8コアのRyzen 7 3800X/3700X、6コアのRyzen 5 3600X/3600である。動作周波数は定格3.6G~3.9GHz/ターボブースト時4.2~4.6GHz。TDP(熱設計電力)は65~105W。価格は199~499米ドルである。2019年7月7日(米国太平洋時間)に全世界で発売となる。

デスクトップPC向け第3世代Ryzenファミリー製品の主な仕様。AMDの表
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら