米インテル(Intel)は、台北で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2019」の初日(5月28日)にあった基調講演において、「第10世代Coreプロセッサー」の出荷を始めたことを発表した(日本語ニュースリリース)。開発コード名が「Ice Lake」のマイクロプロセッサーで、10nm FinFETプロセスで製造する(関連記事1)。

10nm FinFETプロセスで加工したウエハーを、Senior Vice President and General Manager of Client Computing GroupのGregory Bryant氏(左)が披露した。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、発表された第10世代Coreは3種類あり、いずれもモバイル(ノート)PC向け。Y-Seriesが1種類で、TDP(熱設計電力)が9Wの「Ice Lake Y」。U-Seriesが2種類で、どちらもTDPが15Wの「Ice Lake U Iris Plus」と「Ice Lake U UHD」である。発表によれば、Whiskey Lakeベースの第8世代CoreプロセッサーのうちTDPが9~15Wの製品と比較して、今回発表の新製品はAI処理性能が2.5倍、グラフィックス処理性能が2倍、そしてPCH(Platform Controller Hub)経由で実行するWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)無線LANの転送速度が3倍だとする。

Y-Seriesの概要。Intelの資料
[画像のクリックで拡大表示]
U-Seriesの概要。Intelの資料
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら