(4):農業/無線ネットワーク編からの続き

 「COMPUTEX TAIPEI 2019レポート」は、台湾VIA Technologiesの話でしめたい。同社は「COMPUTEX 2019」にブースを構えていないが、スマートフォンベースの自動運転プラットフォームを開発し(ニュースリリース1)、そのデモンストレーションを台湾で実施した。筆者は、その実車デモンストレーションを体験しており、以下でそれを紹介する。

写真32●VIAのVP, Marketingを務めるRichard Brown氏。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 VIAは、かつてMPUのチップセットを開発し、次いでx86互換MPUをベースにした組み込みソリューションを提供してきた。すでにSoC開発から基本的には手を引いており、代わりに「Arm」ベースの市販SoCを利用したシステムソリューションを提供している。ちなみに使うArmベースSoCはハイエンドならば米Qualcommの「Snapdragon」、メインストリームはオランダNXP Semiconductorsの「i.MX」である。VIAのRichard Brown氏(VP, Marketing)は、「もしバリュー向けの低価格ソリューションが必要なら台湾MediaTekのSoCを使う」という(写真32)。ソリューションの中にはSOMなどのボード製品も含まれており、システム一式を同社から納入することも可能である。

 VIAは自動車向けビジネスに参入しており、例えば、2016年にはJapanTaxiと共同でスマートIoTモビリティシステムを発表している(ニュースリリース2)。今回、VIAはスマートフォンを使って自動運転を行うシステムについて発表した。スマートフォン上では同社が開発した「Adaptive Cruise Control」と「Lane Keeping Assist System」「CAN Bus Integration」というソフトウエア群が稼働しており、カメラからの映像を基に自動運転制御を行う。スマートフォンをUSB経由でODB IIポートに接続して、ステアリング/アクセル/ブレーキを制御する(写真33)。

写真33●台北の高速道路を走行中。トンネルに向かってゆるい左カーブになっているが、運転者は一切ステアリングホイールに手を触れずに、問題なく走行できた。もちろんトンネルの中も問題はなかった。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら