(2):自動車/ネットワーク/学校編からの続き

 TaiNEX 2の1階には、リテール(小売り)向け製品がところ狭しと並んでいた。フロアの2/3ほどがリテール関係メーカーが占めていた。中でも、いわゆるPOS(販売時点情報管理)レジスター類が展示品の中心である。

 POSレジスターでパソコン(PC)ベースの製品は現在でもそれなりにあるものの、数年前から「Android」ベースの製品がどんどんと増えてきた。特に、昨年(2018年)あたりからプリンター用のミドルウエアやドライバーが充実したことがあり、現在はほぼPCベース(「Windows」ベース)と遜色ない製品に仕上がっている。例えば、中国Shanghai SUNMI Technologyは「Android POSのリーダーである」と高らかに宣言して(写真17)、AndroidベースのPOSレジスターのみを展示していた(写真18、写真19)。

写真17●すでにWindows PCベースのPOSレジスターのみというメーカーは少数派である。一方、AndroidベースPOSレジスターを扱っているメーカーは多数あるが、Androidベースのみというメーカーはまだ多くない。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]
写真18●Shanghai SUNMI TechnologyのAndroidベースPOSレジスターのラインナップは幅広く、ハンディー型のPOSレジスターも多数あった。店舗での注文受付用端末や、小規模店舗の決済用端末も並んでいた。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]
写真19●秤量機能付きPOSレジスターの例。他にも何種類か展示されていた。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら