「開発プロジェクトに、土木のバックグラウンドがあるスタッフはいなかった」。こう振り返るのは、プレストレスト・コンクリート(PC)橋の鋼材破断を検知する技術「SenrigaN(せんりがん)」の開発に携わったコニカミノルタの丸山一直氏。2019年5月28日、ホテル雅叙園東京で行われた「テクノロジーNEXT 2019」で、土木の“門外漢”である同氏のチームが、短期間でインフラの非破壊検査技術の開発に成功した要因を語った。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら