閉じる

人とくるまのテクノロジー展2019

2019年5月22日~24日、パシフィコ横浜で開催
日経 xTECH

目次

  • ゲスタンプ、異材接合に適したホットスタンプを開発

    スペインのゲスタンプ・オートモシオン(Gestamp Automocion)は、アルミニウム(Al)合金などとの接合に適した高張力鋼板の熱間プレス材(ホットスタンプ)を開発した。同鋼板を用いた自動車部品の試作品を、「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に…

  • 2022~3年にトヨタ車に搭載か、軽くて安い次世代ボディー骨格

    フタバ産業が開発、鍵は1470MPa級超ハイテン

     より軽いボディー骨格を低コストで造る──。フタバ産業は、開発中の次世代ボディー側面の骨格部品(以下、次世代ボディー骨格)を「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した。特徴は、超高張力鋼板(ウルトラハイテン材)だけを使うこと。冷間プレスで成形するた…

  • 日立の自動運転システム、センサー減らしコストを抑える

    日立オートモティブシステムズは、「レベル3」以上の自動運転システムで使う新型のミリ波レーダーとステレオカメラを、「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した。

  • HKS、排気で発電する高電圧の回生ターボを開発

     エッチ・ケー・エス(HKS)は、エンジンの排気を使って発電する、ターボ式の回生システム「TURBO GENERATOR(ターボジェネレーター)」を「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した。300Vの高電圧に対応したのが特徴だ。ストロングハイブリ…

  • [独自記事]日産の次世代「プロパイロット」、3眼カメラにモービルアイ「EyeQ4」

    日本メーカーで初、自動ブレーキを夜間の歩行者に対応

    日産自動車は、第2世代ADAS(先進運転支援システム)「プロパイロット2.0」で使う3眼カメラの画像処理チップに、イスラエル・モービルアイ(Mobileye)の最新版「EyeQ4」を採用した。

  • 交差点対応でミリ波レーダーの検知角を120度に拡大、ボッシュ

     ドイツ・ボッシュ(Bosch)は、車両の前方を監視するミリ波レーダーの「第5世代品」(同社)を2019年内に量産する。交差点での事故を予防できるように、検知範囲を拡大した。

  • “ゆっくり歩く人”も認識できる、古河ASの準ミリ波レーダー

    2021年に量産へ

     古河ASは、24GHz帯を使うパルス方式の準ミリ波レーダーの第2世代品を開発した。2017年に量産した従来品から速度分解能を高め、「ゆっくり歩いている人も認識できるようにした」(同社の開発担当者)のが特徴だ。2021年の量産を目指す。

  • 軽くて強くて天然の風合い、欧州先行の木粉PP

    住友化学、欧州で関心の高い「グリーン材料」を日本に提案

     欧州企業が高い関心を寄せる「グリーン材料」を日本に持ってきた──。住友化学は、天然繊維強化ポリプロピレン(PP)「Thermofil NP」を「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した。松のチップをPPに混ぜて強化した材料で、「欧州の自動車メーカ…

  • 大日本印刷、基板上アンテナ形成技術でEV向け無線給電コイル開発

    走行中給電への適用も視野に

     大日本印刷(DNP)は2019年5月22日、電気自動車(EV)向け無線給電システム向けの送受電コイルをフォトリソグラフィー技術で製造することで、フェライト込みの厚みと重量を共に従来の約1/4にすることに成功したと発表した。

  • トヨタ紡織の光ファイバー表皮、2層化で柄の自由度向上

    2020年代前半の実用化へ

     トヨタ紡織は、光ファイバーを織り込んだ布「表皮」を開発中だ。製造技術の水準を高めて、2層の光ファイバーを織り込むことに成功。従来品よりも複雑な柄を表現可能にした。多色化で鮮やかに見える。クルマのドアトリムやルーフといった内装への適用を想定する。欧州の高級車メーカーや、トヨタ自動車の「レクサス」への…

  • ホンダの交換式電池パック、用途広げて普及へ弾み

    新たな対応モビリティーも披露

     ホンダは交換式電池パックの事業拡大を目指し、東南アジア諸国連合(ASEAN)で試験運用を進める交換ステーションに加えて、出力用の新型装置を「人とくるまのテクノロジー展2019」(2018年5月22~24日、パシフィコ横浜)で披露した。電池パックの用途を広げてグローバルで普及を促し、生産数を増やして…

  • フロントウインドーの霜取り、“魔法瓶”から50度のウオッシャー液

    村上開明堂が開発、自動運転センサーの洗浄にも

     時間のない朝なのに、クルマのフロントウインドーに霜が降りていてすぐに出発できない――。寒冷地の冬の困りごとを解決する装置を村上開明堂が開発した。クルマのフロントウインドーなどを洗浄するウオッシャー液を加熱・保温する「ヒーテッドウォッシャー」で、「人とくるまのテクノロジー展2019」で展示した。

  • カネカ、超急速充電可能なリチウムイオン2次電池を開発へ

    「目標は1分超で充放電」

    カネカは展示会「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」に、開発中のLiイオン2次電池(LIB)の比較的大型のセルや電池パックを参考出展した。

  • ヒロセ電機、±0.7mmまでの変位・振動を許す基板間直結用コネクター

    140℃までの熱にも耐える

     ヒロセ電機は、開発中の基板間直結用コネクター「FX26」を「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)で出展した。2枚の基板の表面にそれぞれ直接実装し、着脱可能なコネクターで、熱や振動に長期間耐えられるようにした。

  • カブク、金属3Dプリンターで表面積大きい冷却配管を造形

    ドイツの提携工場による実物同等品を展示

     カブク(本社東京)は、同社が展開する製造サービスで、金属アディティブ・マニュファクチャリング(AM、3Dプリンティング)によってドイツの提携工場が造形した金型部品などの実物を「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)で出展した。

  • 機電一体でコンパクト、アイシン精機が電動パワーユニットの完成品を展示

    デンソーとの合弁新会社BluE Nexusで開発・販売

     アイシン精機は、電動パワーユニット「eAxle」の完成品のカットモデルを「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した。出力100kW級のもの。前回はモックアップの展示だった。

  • 軽さと低コスト、それぞれを満たす金属積層部品

    白銅、金属3Dプリンターで成形

     軽さを特徴とする部品と、コストを抑えた部品──。金属3Dプリンターの受託造形サービスを手掛ける白銅が、2種類の金属積層造形部品を「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した。軽量化を図った自動車用ロアアームのサンプル(以下、ロアアーム)と、コストを…

  • トヨタの知能化、運転者が気付かない眠気を検知

    ディープラーニングを活用した覚醒度推定システムを開発

     クルマを造るだけではなく、移動に関するあらゆるサービスを提供するモビリティーカンパニーに生まれ変わる──。トヨタ自動車は、かねて同社が掲げるこのコンセプトに基づく出展ブースを「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に構えた。ブース内を[1]電動化エリア、…

  • 0.49mm厚のスピーカー、圧電素子を重ねて高圧に

     TDKは、厚みが0.49mmの薄型スピーカーを開発した。「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に展示している。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

ヘルスケア

もっと見る