クルマづくりにおける環境負荷を徹底的に減らす──。金沢工業大学大学院工学研究科教授の影山裕史氏とトヨタカスタマイジング&ディベロップメント(横浜市)は、環境負荷を大幅に減らす自動車のフロントフード(エンジンフード)を開発、「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した(図1)。天然素材である「グリーン材料」を使いつつ、軽量化も図った。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 耐衝撃性を高めた新しいCNF製フロントフード
質量は8kg前後で、アルミ合金製よりも軽い。(写真:日経 xTECH)

 セルロースナノファイバー(CNF)を強化材に使った従来のエポキシ樹脂製フロントフード(CNF製フロントフード)に、セルロース繊維(CF)織物を入れて耐衝撃性を高めた。CFの直径は約6μmで、ロービング(粗糸)を編んで平織りにしたものだ(図2)。「従来は衝撃強度が不足していたため、連続繊維で強化することにした。炭素繊維やガラス繊維の選択肢もあるが、天然素材にこだわってCFを採用した」(影山氏)。CFの比重は1.5程度で、ガラス繊維の2.55と比べて軽い。

[画像のクリックで拡大表示]
図2 CF織物
直径6μmのCFをロービングしたものを平織りにした。(写真:日経 xTECH)

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら