ショーワはステア・バイ・ワイヤ(SBW)の技術「SBWS(ステア・バイ・ワイヤシステム)」を「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した(図1、2)。

 ステアリング側に設置する「反力アクチュエーター」と、操舵側に設置する「操舵アクチュエーター」の2つのシステムで構成し、双方をワイヤーハーネスで接続。アクチュエーターを2重化することで、ステアリング軸を使わずに冗長性を確保したのが特徴だ。2020年代の中盤以降の製品化を目指している。

図1 ショーワのSBWS(ステア・バイ・ワイヤシステム)のデモンストレーション
ステアリングコラム内に反力アクチュエーターを設置。下部に配置してあるのが、操舵アクチュエーター。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ショーワのSBWS(ステア・バイ・ワイヤシステム)に搭載する反力アクチュエーター
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 SBWはタイヤとステアリングを機械的につなぐことなく、モータで電気的にタイヤ角を変える技術だ。既に日産自動車がスカイラインに搭載している。だが、日産が採用するシステムは、冗長性を確保するために、ステアリング軸を使ってステアリングとタイヤを物理的に接続する機構になっていた。

 今回ショーワが展示したSBWSは、ステアリング軸がなく、ステアリング側の「反力アクチュエーター」と操舵側の「操舵アクチュエーター」が完全に独立しているのが特徴だ。ワイヤーハーネスで接続し、1msの応答速度で交信する。

 冗長性を確保するために、それぞれのアクチュエーターには多重の冗長性を持たせた。反力アクチュエーターでは、電源と舵角の検出・出力を3重化。反力の演算・出力、モーターの駆動、モーターの回転角センサー、ステアリング接触演算はそれぞれ2重化している。

 操舵アクチュエーターでは、電源とストロークの検出・出力を3重化、推力の演算・出力やモーターの駆動、モータの回転角センサーは3重化以上の冗長性を確保する。操舵用のモーターも2個搭載して、1つが止まってしまっても、もう一方で操舵できるようにした。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら