自動運転向け車載センサーを開発しているベンチャー企業のドイツBlickfeldは、独自のLiDAR(Light Detection and Ranging)技術について詳細を明らかにした(図1~2)。光学的・電子的な工夫によって、200mまで遠方の距離画像を高精度に得られるようにしている。

図1 開発したLiDAR
MEMS技術者向けイベント「MEMS Engineer Forum」(2019年4月24~25日、両国KFCホール)で、BlickfeldのJan Kuypers氏(Head of MEMS)が講演中に見せていた開発品を日経 xTECHが講演後に撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Blickfeldの創業者の2人
創業者でCEOのMathias Müller氏(右)と創業者のFlorian Petit氏(左)。「人とくるまのテクノロジー展2019」の開催前の5月21日に、同社製品を日本で販売するネクスビジョンテクノロジーズが東京都内で開催したセミナー会場において日経 xTECHが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社のLiDARは、パルス状の近赤外レーザー光を走査して面的に照射し、反射光が届くまでの時間から距離を2次元的に推定する(関連記事)。自動運転車の試験車両に搭載しているLiDARと基本原理は同じである。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら